1. Top » 
  2. サーチャージ値上げ

2011年8月1日より燃油サーチャージ値上げ

6月に値上げしたばかりの気がしましたが、8月からまた値上げです。

北米やオセアニアは、おおよそ4,000円の値上げのようです。日本航空、チャイナエアライン、大韓航空、アシアナ航空、エアカナダなどなどが値上げです。

基本的に原油価格と連動して、燃油サーチャージも値上がりしますが、こればかりは為替相場と同じでどうなるか分かりません。リーマンショック後のような不景気でも来ない限りは、そうそう下がる事はない気もしますが。

値上げは8/1以降分からですが、7月中に支払い手続きを完了していれば、出発は8月以降でも安い料金が適用されるサイトもあるようです。

7月、8月は、サーチャージ抜きにしても航空券の高い時期なので、ワーホリの人は敢えてこの時期に出発する意味は少ないと思います。1年間で見ると航空券の安い時期というのががありますので、いつ出発しようか迷ってる人は、そのあたりも検討してみてはどうでしょうか。

<<格安航空券HOME周遊チケット(ストップオーバー)>>

8月からサーチャージ一部値上げ

最近は、円高の影響や原油高の一服でサーチャージ(燃油代)が抑えられていましたが、一部航空会社で8月からサーチャージが値上げされるそうです。

8月から値上げを予定している航空会社は、全日空、アシアナ航空、キャセイパシフィック航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空、エアーカナダなどです。

カナダに行く人は、エアーカナダ、格安航空券では、アシアナやキャセイパシフィックは良く聞きますので、影響のある人もいるのではないでしょうか。

値上げ路線は全ての国向けが対象ではないですが、ワーホリ対象の国で言うと、ソウル、香港、台北、ロンドン、パリ、バンクーバー、トロントなどがあります。変更料金は数千円レベルが多いようです。

サーチャージが無ければ、もっと航空券も安く、海外旅行に行きやすくなるわけですが、現在の状況を考えるとこれから上がる一方でしょうか。(もしサーチャージ安くなるとすれば、今以上の円高か、世界的なさらなる不景気による原油価格の下落ですから、それはそれで問題があるわけですが。)

HOME海外格安航空券比較>>

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係