1. Top » 
  2. ファームステイ

ファームステイ/Wwoofウーフ

ファームステイの代表としてWwoof/ウーフというシステムがあります。基本的にはファームステイですが、ホストは食事と宿泊場所を提供する代わりに、こちら側は4~6時間程度の労働を提供するというものです。金銭のやりとりはありません。

基本的に農作業を伴いますので、動きやすく汚れてもいい服と靴を持参して、軍手などもあればいいのではないでしょうか。

世界中にWwoofシステムはあります。もちろん、日本にもあります。まず、ホストファミリー一覧が記載されている本を買います。本を買うことでWwoof会員になれます。

本にはホストファミリーの紹介、どんなことをやっているか、連絡先一覧が住所別で記載されています。そこへメール、もしくは電話でアポイントをとり交渉することになります。期限も1週間程度から長期まで各個人で設定できます。英語の苦手な方は現地エージェントで代行してくれる所もあるようです。

残念ながらWwoofのホストファミリーもホームステイ同様悪質な家があります。タダで働く外国人労働者程度にしか見ていないホストも存在します。

こちらもやはり、いきなり長期で申し込まないことです。

※女性の方へ
Wwoof/ウーフのセクハラと言うのが存在するらしいです。通常、連絡先の所には夫婦だと2名の名前が書かれていますが、一人でやっている所は男性の名前だけ書かれています。それだけで判断するのは酷かもしれませんが、十分注意してください。

Wwoof/ウーフの本が改訂される度に、悪質ホストなど(通報があったホスト)は、削除されるらしいのですが、全てを削除できるものではないと思いますので。

悪いことばかり書いてますが、もちろんとてもフレンドリーなホストファミリーも存在します。仕事もほとんどなく、タダ飯、タダ宿で申し訳なくなるくらいの所もありますし、毎週、アクティビティーに連れてってくれたりします。

※ウーフはボランティアではありません。食事と宿の提供を受けていますので、それと同等の労働力を提供するものです。たまに、ボランティアでタダで働いてやってるという感じの人がいますが、これは大きな間違いで、利用する側にも意識付けが必要です。

ライフスト-リ-でつづる国際ボランティアの歩き方

<<ホームステイHOME国際運転免許証を取得しよう>>

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係