1. Top » 
  2. 海外クレジットカード

クレジットカードの作成はお早めに

海外旅行の必須アイテムの一つクレジットカードですが、ワーホリに合わせて新規に作成する人も多いと思います。

クレジットカードを選ぶ基準は様々ですが、退職前に作るのではなく、早い段階での作成がおすすめです。また、トラブルや紛失、盗難などの万が一のために、2枚以上準備されることをお勧めします。

最近はクレジットカードの発行基準が厳しくなっているようですが、発行された後に各個人でそれぞれクレジットカードの利用限度額が違います。

既にクレジットカード利用歴が長い人や勤続年数、年収がそれなりにある人は、おそらくそれなりの利用限度額が用意されていますので問題ないと思います。

そうでない人は、利用限度額が最初は低く設定されています。これは長くクレジットカードを持ち、適度に使用していれば利用限度額は上がっていくのですが、利用歴の浅い人は、信用が低いとみなされますので限度額も低くなります。

ワーホリの場合、出発時期や帰国時期の旅行、滞在中の旅行など、出費が集中する時期がありますので、限度額が低いと何かと不便です。

実際、長期旅行で限度額のトラブルで困って大使館に泣きついている人も会ったことがありますが、ワーホリ、バックパッカーに限らず、お金の貸し借りはご法度ですので、どうしようもありません。

クレジットカード中心にお金の管理をする人は、ショッピング、キャッシング枠の限度額に注意が必要です。

クレジットカードのおすすめは、『海外でお勧めのクレジットカード』の記事でも書いていますが、三井住友VISAカードです。カード選びに迷ったら、このカードを作っていれば問題ないと思います。

裏面に写真付きクレジットカードの選択やカードご利用枠一時引き上げサービスなどもあります。初心者の方にも安心のブランドだと思います。
※写真付きカードは、クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードなどに限られます。

ポイント還元で選ぶなら楽天カードがおすすめです、昔はライフやオリコカードも良かったのですが、今は楽天カードのほうがポイントが貯まりやすいようです。

通常利用で100円に付き1ポイント、楽天市場で2倍、キャンペーン期間の買い物で3倍などイベントも多く貯めやすくなっています。

入会特典ポイントなどもありますので、ワーホリの準備はポイントを使って楽天市場で揃えてもいいのではないでしょうか。

漠然とワーホリに行こうと思っている人は、英語の勉強、貯金、クレジットカードの作成あたりを早めに準備してみては。

限度額の低い人は、海外トラベルプリペイドカード国際キャッシュカードとの併用やクレジットカードを2種類持つなどで対応できます。

但し、クレジットカードの申し込みは、同時期に何枚も新規作成・申請すると、それが理由で審査落ちする場合があるようなので、ご注意を。(計画的に作成してください。)

海外でお勧めのクレジットカード

クレジットカードを作る際は、引き落とし口座に、オンラインで残高照会できる銀行を指定する事をお勧めします。(海外に長期滞在すると、預金残高が分かりにくくなります。)

セカンドID、レンタカー、レンタサイクルを借りる際の保証金の代わりとしても一つは持っておくと役に立ちます。

万が一のために、カード類は2枚以上は作成しておく方がベターです。また、非常に稀ではありますが、VISA、Masterカード、どちらか1つしか使えない場合がありますので、ブランドは分けて準備した方がいいと思います。

三井住友VISAカード
スタンダードなクラッシックカードでは、初年度年会費無料、2年目以降年会費が1,250円(税抜き)必要(年会費割引サービスあり)ですが、日本でクレジットカードと言えば、三井住友VISAカードでしょう。不正利用の心配な人は、裏面に写真入りカードも作れます。

写真入りカードを作りたい方は、カード発行後に無料で交換できます。但し、対応カードは、一般カードでクラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードとプラチナ、ゴールドカードになります。

海外旅行保険は利用付帯で補償額が下がりますが、クレジットカード保険には珍しい治療費のキャッシュレスサービスを導入しています。海外アシスタントサービス、海外利用時における利用枠の一時増額などサービスも充実しています。

海外キャッシング(一括返済自動引き落とし)にも適しています。オンラインでのスピード発行も可能です。

女性の方なら、ポイントが優遇される女性専用の三井住友VISAアミティエカードもお勧めです。

海外行くなら定番の一枚です。

三井住友VISAカード(VISAデビュープラスカード)※18歳~25歳限定
25歳以下ではじめて持つなら、こちらのデビュープラスカードもお勧めです。若年層向けのカードで、年齢制限がありますが、年会費無料などの特典が付きます。

初年度年会費無料で、翌年度以降は、年に1回以上の利用があれば年会費無料になります。ポイント還元率は、一般クラシックカードの2倍です。

注意点としては、満26歳になった後の最初のカード更新で三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替わります。※一般カードのクラッシクカードへの切替も可能です。

プライムゴールドカードは、何もしなければ年会費が5,000円(税抜き)必要になりますが、支払い方法の変更やサービスの申込みで、年会費1,500円(税抜き)にすることもできます。

プライムゴールドカードは、ゴールドカードになりますので、旅行保険の保証も高く、空港ラウンジも使えて、年会費1,500円(税抜き)で維持できますので、年会費を安くゴールドカードを持ちたい方や旅行が好きな人には、年会費を払ってもお勧めではあるんですけどね。(ゴールドカードとして最安級の年会費です。)

デビュープラスカードは、学生を含む25歳以下の方で、年会費無料に拘りたい方にお勧めです。

年会費無料で作れて、携帯電話の支払い、ネットショッピングなどに利用すればポイントも貯まりますので、学生さんでも早めのクレジットカード作成をお勧めします。

クレジットカード利用歴が長く、支払いに遅延なく利用していれば、後々カードの利用限度枠も広がります。クレジットカードを新規に作ったばかりだと、利用限度額が低く抑えられる事がありますので、海外旅行などで出費が重なる時に限度額が足りなくなることもあります。

楽天カード(VISA、MasterCard選択可)
年会費無料のクレジットカードとして、ポイント還元の高さからショッピング用に持っておきたいカードです。海外キャッシングには向きませんが(キャッシングの返済はリボ払いになります。)、入会特典も豊富で、クレジットカードの利用で1%のポイント、楽天市場の利用でポイントが2倍になります。

海外へ行く前の準備も楽天市場で済ませればポイントも2倍貯まります。初めてカードを作る人に最適の1枚です。

ポイント還元率の良さで、支払い用に持っておくとお得です。

あまり知られていませんが、海外旅行保険は利用付帯で、一般カードのクレジットカードとしてはトップクラスの補償額です。(傷害による死亡・後遺障害:2000万円、傷害・疾病による治療費用:200万円など)

※利用付帯とは、簡単に言うと、日本を出国する以前に公共交通乗用具、ツアー代金の料金をカードで支払った場合、または日本からの出国後、公共交通乗用具の料金をカードで支払った場合に保険が適用されます。

<<海外旅行保険付きクレジットカードHOME20代で作れるゴールドカード>>

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係