1.   Top » 
  2. 持ち物関係

続おすすめの小型モバイルPC

前回、おすすめ小型モバイルPCという記事を書いてから、早半年が経ちましたので、続おすすめの小型モバイルPCでも書いてみようと思います。

色々調べてみると、相変わらず値下がりが早いですね。

Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】

iPod touch
いつも勧めているiPod touchです。もう特に説明は不要かと思いますが、周辺機器も増えてきて安くなっているようです。

ワイヤレスキーボードなども合わせて持って行くと、便利度が上がるのではないでしょうか。


SHARP Net Walker PC-T1-S
シャープのネットウォーカーです。昔はもっと高かったのですが、iPod touchのライバル争いに負けてしまったせいか、価格大幅下落中です。

USBポートもSDカードスロットも付いてますので、iPod touchよりも使いやすい部分もあります。標準で電子辞書搭載です。ワーホリにはいいのではないでしょうか。

LifeTouch NOTE NA75W/1AR
NECから発売された2011年春モデルのLife Touch NOTEです。OSにアンドロイドを搭載し、タッチパネル対応で小型7インチワイドサイズになります。

これはなかなかの優れものです。重量も約700gで、動画再生なら約8時間再生のバッテリー搭載です。キーボードも付いてますし、カメラ、Bluetooth、SDカードスロットなどもあります。OSがアンドロイドのため、Windows7機と比較しても、小型機でも割安になっています。カラーも3色あります。

FMV-BIBLO LOOX U/G90
上の3つが全て非ウインドウズ機ですが、LOOX UはWindows7搭載です。周辺機器や対応ソフトでは、まだまだWindowsが有利なのは否めません。

タッチパネル式5.6型ワイド、約495gです。ノートパソコンを小さくしたイメージで使用できると思います。ただ、新機種が出そうにないので売り切れ御免かな。

ASUS Eee PC EPC1011PX
2011年夏モデルのネットブックです。安いです。新モデルですが、現在2万5千円前後で売られています。

価格は安いですが、ネットやメール、ブログの更新中心ならネットブックでも充分です。

新品にはこだわらないというのなら、ソフマップiconがオススメです。中古パソコンの品ぞろえが充実しています。但し、バッテリーは消耗品ですので、中古の場合はバッテリー容量には期待できません。

>>持って行くと便利なオススメの周辺機器

<<ipod touchを持っていこうHOME持ち物リスト一覧>>

持って行くと便利な物

絶対必要ではないけど、あると便利なものを少しまとめてみました。全体的な持ち物リストについてはこちらを参照して下さい。»持ち物リスト一覧

旅を快適にするちょっとした小物です。

LEDライト
キャンプなどをする際にも役に立ちますが、バッパーやホステルに泊まるときにも役に立ちます。

夜遅くドミトリーに戻ったら、電気が消えて全員寝てたなんてこともあります。ガサツな外人は平気で電気をつけて周りに迷惑をかけたりします。

電気をつけないと見えないのは分かりますが、LEDのペンライトなどがあると便利です。LEDですので、小型で長持ちします。

カラビナ
引っ掛けて持ち歩くのに便利なアイテムです。バックパック派の人は、カラビナやバックパック用のベルトなどがあると収納力が広がります。

写真のカラビナは万能タイプで、時計や方位磁石、LEDライトなどが付いています。高級なものを持っていく必要はないと思いますが、安物を持って行くと耐久性がないので壊れることがあります。

多機能万能ナイフ
こちらもキャンプやBBQなどでも役に立ちますが、バッパーでも役に立ちます。

バッパーで自炊をすると思いますが、異常にキッチンが混むことがあります。キッチンが狭い、人が多いなどもありますが、そんな時に自分用のナイフがあるとサッサッと調理できます。

バッパーを探す時は部屋、料金も大事ですが、キッチンの充実度で印象が大きく変わります。

Coleman(コールマン) タスマンコンパクト X/0 170S0207J

寝袋
寝袋が必要になったら現地でも購入できますが、たまに異常にデカイ寝袋を持って旅をしている人を見ます。それはないだろと突っ込みたくなりますが、旅の荷物で寝袋が大きいのは非常に不便だと思います。

現地で安物を購入するとそうなるのですが、コンパクトでちょっと良い奴を持って行くなら日本で購入したほうがいいと思います。

バッパーで寒い時に、掛け布団替わりにも使えます。

電源要らずコンパクトスピーカ
何かしらの音楽プレイヤーを持っていくと思いますが、普段はイヤホンで聞いていても、たまにはスピーカーで聞いてリラックスもしたくなります。

小型タイプのスピーカーもありますので、あればいいのではと思います。

カメラ三脚
ワーホリ中に一人旅することもあると思いますが、そんな時に役に立つのが三脚です。

最近の流行りは足がクネクネ曲がるタイプのようです。おもちゃのような感じですが、荷物にもならずにコンパクトに収納できるのが便利だと思います。値段も安いです。

ちょっとした小物でも旅では非常に役に立ったりします。特に知らない土地に行くと、何がどこに安く売っているのか分からないので、小物なら持って行ってもいいのではないでしょうか。

旅のスタイルで他にも快適・便利グッズはあると思いますので探してみては。

<<ipod touchを持っていこうHOME持ち物リスト一覧>>

おすすめ周辺機器

前回書いたおすすめ小型モバイルPCの続きとして、おすすめの周辺機器です。持っていけば便利なのではと言う程度で必須ではないと思います。

現地で買おうと思っているのなら、日本で買って持って行った方がいいとは思いますが。

USBハブ搭載有線LANアダプタ
最近の小型PCにありがちな有線LANポートを持たない機種に、USB接続でLANケーブルが接続できる変換アダプターです。

これがあれば、無線LAN環境でない場合でもネット接続が可能です。左の写真の変換アダプターは、USBポート1つでLANポート×1+USBポート×3に拡張してくれます。

[Amazon.co.jp限定] PLANEX 手のひらサイズ 300Mbps ハイパワー無線LANルータ/アクセスポイント/コンバータ FFP-PKR01 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

手のひらサイズハイパワー無線LANルータ
簡単に無線LAN環境を構築できる優れもの。手のひらサイズの持ち運びに便利な小型タイプです。

USBポートもなく、無線LAN環境がないとネット接続ができないipod touchなどの場合は、持ち運び可能な小型無線LANルーターが役に立ちます。

折りたたみキーボード
これも小型ノートパソコン特有の問題、キーピッチが小さい、タッチパネル方式などでキー入力が不便な場合に外付けキーボードが便利です。

どうせ持っていくのなら荷物にならない折りたたみタイプが収納に便利です。また、USBポートを持たないipod touchなどはbluetoothワイヤレスキーボードがあります。ワイヤレスキーボードの価格もかなり下落しているようですが、bluetooth+折りたたみキーボードになるとかなり高価になるようです。

小型マイク付イヤフォン
スカイプを使った国際電話やメッセンジャーをする時に必要なアイテムです。価格はピンきりです。安い物は数百円で購入できます。

使用頻度にもよりますが、頻繁に日本と連絡するつもりなら、ワイヤレスタイプのヘッドセットの方が楽です。

PLANEX 2ポート急速充電 Xperia,ウォークマンNW-X1060,X06HT,iPod,iPhone 3G/3GS/4, PSP, DS, DSLite, DSi 対応USB ACアダプタ (海外対応) ブラック PL-WUCHG01-B

2ポート急速充電USB ACアダプタ (海外対応)
音楽プレイヤーなどUSBで充電する機器を持っていく場合に役立ちます。PCを持っていく場合は、PCから充電できますが、わざわざ充電のために起動するのも面倒です。

2ポート、4ポートタイプなどがあります。AC100V~240Vの海外対応です。

・外付け記憶媒体
デジカメのデータを何で保存するかです。お金やパスポートも大事ですが、万が一にも写真データが消えるのも泣くに泣けないほど辛いかも。

ポータブルハードディスクポータブルDVDドライブUSBフラッシュメモリ大容量SDカード、このあたりでしょうか。

安くて簡単なのはHDDだと思いますが、大容量だけにデータがクラッシュしてしまうと悲惨。フラッシュメモリやSDカードは、紛失、盗難、水濡れなどに注意。それぞれ価格も違いますので、メリット、デメリットがあります。

なんとなく思いつくものを書いてみましたが、こんなところでしょうか。

<<ipod touchを持っていこうHOME持ち物リスト一覧>>

おすすめ小型モバイルPC

だいぶ前ネットブックが出始めた頃に、モバイルノートパソコンを持っていくならと言う記事を書きましたが、あれからかなり時間が経ち記事も古くなってしまいました。

そこで管理人の独断と偏見で、持ち運びに便利な小型で、貧乏なワーホリのための格安に絞って、モバイルツールを選んでみました。

一昔前に比べれば、小型高性能化が進み、価格も安く購入できます。この記事も半年も経てば、かなり古臭い情報になりそうですが。

Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】

iPod touch
ネットやメールを中心に使えればいいという人には大本命機種でしょうか。PCの様にはいきませんが、旅をするなら小さく軽いというのは何よりも大きなアドバンテージです。

また、音楽再生やアプリをDLして電子辞書としても使えますので、ワーホリにはいいのではないでしょうか。

前にも書いてますが、iphoneとiPod touchは別物ですのでお間違えのないように。iphoneをソフトバンクと契約した状態で海外に持っていったら、海外パケ死で軽く死ねると思います。

シャープネットウォーカーPC-Z1J
タッチパネル付き5型ワイド液晶のネットウォーカーです。キーボード付きで重量も409グラム、音楽再生も可能です。

USBポートやSDカードスロットが内蔵されていますので、小さくても何かと便利です。

PC-Z1Jは、電子辞書カードが付属されていますので、最初から電子辞書としても使えます。新しく電子辞書の購入を考えている人にはいいのではないでしょうか。

東芝libretto W100
大きすぎず小さすぎずの7インチW液晶タッチパネル搭載です。約700グラム。加速度センサー内蔵で、縦向きでも横向きでも使えます。

OSはwindows7、USB、SDカードスロット、Bluetooth、Webカメラなど拡張性は問題なしです。

もう少しバッテリー時間が長ければと言うのと若干高いですが、個人的にはかなり良い機種だと思います。

VAIO type P
横長ワイド(9型ワイド液晶)の斬新的なデザインで人気の高いVAIO Pです。

こちらも東芝libretto W100同様に、OSはwindows7でノートパソコンを小型軽量にした感じですので、周辺機器等も問題なく使えます。

画面が小さいとネット閲覧などサイトの横幅が見切れますので、9型ワイドは閲覧のストレスも減らせるのではないでしょうか。

ASUS EeePC1005PE
スペック的には、10.1型ワイドwindows7のネットブックですが、約10時間の長時間バッテリーを搭載しています。

価格的にも格安で、大容量バッテリー搭載では現在最安級だと思います。必要最低限揃うネットブックは、持って行くのに便利だと思います。

公共機関の移動や待ち時間などに長時間バッテリーはいいのでは。

ワーホリなど長期の旅行の場合は、モバイルツールを選ぶ際に音楽再生や電子辞書の機能と共に、デジカメ写真の保存をどうするかというのもあります。

最近は大容量のSDカードも価格下落が激しいのであまり心配ないかもしれませんが、データをネットカフェで毎回CDに焼くのも面倒な作業です。

大容量の記憶容量がある機種か、外付けでHDDやDVDドライブを持っていくのかなども考慮してみては。

>>持って行くと便利なオススメの周辺機器

これから年末にかけて、iPadに代表されるようなタブレットPCが続々発売される予定です。移動で液晶がすぐ壊れそうで怖いので、このタイプを海外に持っていく人は少ないとは思いますが。

他にもまだまだ素晴らしい機種はありますが、だいぶ長くなりましたのでこの辺で。モバイルツールを買うときの参考になれば。

情報が古くなったので、続おすすめの小型モバイルPC>>

ipod touchを持っていこう

私は持っていないのですが、ipod touchは調べれば調べるほど素晴らしいと思います。バックパック背負ってた頃に、こんな便利なものがあればどんなに良かったかと思います。

まず、バックパッカーでパソコンを持っていくというのは非常に気を使います。移動時の衝撃による故障、そして盗難です。バッパーなどでも常に気を使わなくてはなりません。

その点、ipod touchならポケットサイズなのでこの心配なし。このリスクが減るだけでも全然違います。

また、ワーホリに音楽携帯プレーヤーと電子辞書はほとんどの人が持っていくでしょう。ipod touchなら音楽プレーヤーはもちろん、アプリをダウンロードすれば電子辞書もインストールできます。ハードディスク代わりに、デジカメ写真の保存もできます。

これだけでも十分魅力的ですが、やはり一番の魅力は無線LANによるネット接続だと思います。シェアハウスなどで無線LAN環境があれば、ネット、メールが出来ます。さらにスカイプをダウンロードすれば、メッセンジャーに格安国際電話も可能です。

Apple iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】  ・iPod touch 8GB MC540J/A 【最新モデル】
 ・iPod touch 32GB MC544J/A 【最新モデル】
 ・iPod touch 64GB MC547J/A 【最新モデル】
 値段的にも容量的にも32GBがオススメでしょうか。
(混同している人がいるようですが、ipod touchとソフトバンクのiPhoneは、機能は似ていますが別物ですのであしからず。)

ポケットサイズで全てのものが手に入る至れり尽くせりですが、問題は無線LANの環境だと思います。海外のフリースポット事情は分かりませんが(日本よりは遅れてるかな?)、無線LANがないとネットの接続できません。

そこで、便利なのが持ち運び可能な小型モバイル無線LANルータ/アクセスポイントなどです。これは日本などではビジネスホテルに泊まる時など、部屋に有線LANケーブルだけがある場合があります。パソコンならそれに繋げばインターネットが出来るのですが、ipod touchのような有線LAN用のポートを持たない機器は接続できません。そこで、このモバイルルーターをケーブルに接続するだけで、無線LAN環境が作れます。

無線LANルーターは、現地で購入してもいいかもしれませんが、携帯できるサイズのモバイルルーターは非常に便利です。

シェアハウスなどで簡単に無線環境を作りたいならipod touchと一緒に持っていくと便利だと思います。

次世代ipod touchはカメラが搭載されるという噂らしいですが、そうなるとテレビ電話も可能になるわけです。最新モデルが発売されました。最新モデルはカメラ付きです。便利な世の中になったものです。

<<持って行くと便利な物HOME持ち物リスト一覧>>

持ち物リスト一覧

ワーホリ持ち物リスト一覧です。

必須 チェック
パスポート
まだの人は早めに、残存期間も忘れずにチェック
>>パスポート申請
ビザ
各国によって条件が違いますので要チェックです
>>ビザ申請
航空券
早めの申込で割引も>>格安航空券
お金の準備
>>お金の持ち歩き方
クレジットカード
セカンドIDとしても。退職前に作ろう
>>便利なクレジットカード
旅行保険書証
海外行くなら必須です。>>海外旅行保険
スーツケース
(バックパック)

 持って行くならどっち?>>スーツケースorバックパック
あると便利な物

国際免許証
IDとしても便利>>国際免許証
モバイルノートPC
 >>お勧めモバイルパソコン
ipod touch
 >>ipod touchを持っていこう
YHカード
割引が受けられる>>ユースホステル
洗面用具
もちろん必要。
コンタクト液
どちらが安いと言うわけではないですが、現地でもディスカウントを見つけられないと高いです。日本の安売りが安いかもしれません。
爪きり

耳かき
綿棒ではちょっと。現地では手に入りにくいです。
衣類圧縮袋
あると便利。100均で調達
洗濯ネット
現地の洗濯機は強力すぎる場合も。100均で調達
洗濯バサミ
バッパー、ホステルで小物を手洗いする人は洗濯紐などと一緒に持っていると便利
ナイロンタオル
あると便利。100均で調達
トラベルピロー
エアータイプのU字型の枕です。移動中あると楽で便利です。100均でもいいですが、壊れやすいのでちょっと良いものを持っていくのをお勧めします。
>>トラベルピロー
南京錠
バッパー、ホステルに宿泊する際のセキュリティ用
電子辞書
電池は日本が安いです。
>>ipod touchを持っていこう
目覚まし時計

変換プラグ
基本的にPCやデジカメなどは変圧器内蔵なので、変圧器は必要ありません。但し、国によってはコンセントの差込口が違いますので、変換プラグは必要です。数百円程度。>>変圧器は必要か?
音楽プレイヤー
移動の退屈しのぎに>>楽天市場・デジタルプレイヤー
また、外付けの小型スピーカー(1000円程度)も持っていくと便利です。
音楽
CD-R、SDカード、ipodに大量のMP3を詰め込んで
デジカメ
今は必須ですね。たくさん取ると思いますのでスペア、もしくは大容量のメモリカードも。
>>楽天市場・メモリカード

風邪や下痢止めなどの常備薬
日焼け止め
外国製が肌に合わない人もいます。
帽子
都市によっては日差しが強いですから
サングラス
現地で買ってもいいですが、あると便利
水着
現地で買ってもいいですが、あると便利
サンダル
現地で買ってもいいですが、あると便利
出会い帳(ノート)
旅先で知り合った人との連絡先交換用に。
ガイドブック
行動範囲を広げるために>>ガイドブック
衣類、下着
多すぎず、少なすぎず
タバコ
 >>タバコで臨時収入
レシピ本
 >>太らないために自炊をしましょう
運動靴
ハイヒールだけではしんどいですよ
My箸
エコですし、ホステルなどで使ってると外人受けはいいですよ。
ゴミ袋
現地では基本的にコインランドリーを使うことになると思います。洗濯物入れとして、大きめのゴミ袋があると便利です。(大きめの衣類圧縮袋でも可)
出発後、買い忘れがあったら>>楽天市場海外発送

他にもまだあった気がしますが、一応覚えてる範囲で書きました。

これとは別に必須ではないですが、ちょっとした便利グッズをまとめました。
>>持って行くと便利な物

<<東南アジアで英語の語学留学HOMEスーツケースorバックパック>>

スーツケース?バックパック?

スーツケースバックパックかどっちで行くかは迷う所かもしれません。

定住型の人はスーツケース(バックパックでも可)、長距離バスなどで旅をする予定の人はバックパックがいいのではないでしょうか。

バスでスーツケースでも特に問題があるわけではないですが、バックパックの方が何かと行動しやすくなります。荷物を持った時に両手が使えるのがメリットです。

駅やバス停から歩く場合もあるでしょうし、公共機関に乗る場合も、荷物を預ける場合もスーツケースは転がしてる分にはいいですが、持ち上げ下げが苦労します。絶対ではないのでお好みでどうぞ。

荷物はできるだけ減らすと言うのが基本だと思いますが、それでも長期ですから、バックパックなら60L~80Lは必要だと思います。それにデイバックの小さめのリュックが必要だと思いますので、亀の子スタイルで移動することになると思います。

スーツケースで行く人もデイバッグなど、リュックタイプのバックは持って行った方が役に立ちます。

ちなみにアメリカに入国する(経由でカナダに入る人もいるでしょう)人は、スーツケースに鍵をかけていると壊される可能性があります。これは安全のために鍵がかかっている場合でも、彼らの権限で壊して中身をチェックしていいからです。

壊れていても文句を言っても通じません。アメリカ以外の国がどうなのかはちょっと分かりませんが、少なくともアメリカに入国する際はスーツケースには鍵はかけない方がいいようです。

そこで、これを回避する事ができるTSAロックのスーツケースが人気のようです。スーツケースを購入予定の方は、TSAロックスーツケースを検討してみるといいと思います。

また、最近は飛行機の荷物重量制限が厳しくなっています。スーツケースを選ぶ際は、軽量というキーワードを追加したほうが良さそうです。特に格安エアラインは、重量制限が厳しく、罰金も辛いことになります。

<<ワーホリ持ち物リスト一覧HOMEバックパックの選び方>>

モバイルノートパソコンを持っていくなら

ノートパソコンを海外に持って行こうと思っている人で、新しくモバイルノートパソコンを買おうと思っている人は運がいいです。

今、ちょっとした格安モバイルノートブームです。まず、格安ブームに火を付けたのがASUSのEeePCです。

それまで安くても10万前後していたモバイルノートPC市場にあって、5万円を切る値段で登場して話題をさらいました。現在、値が下がり4万円前半(送料込み)で販売されています。(さらに値下がりして3万円前後~です。)
Eee PC 4G-XU [EEEPC4G-XU] 価格比較

そして、この分野で決定的だったのがHPの2133 Mini-Note PCの発売です。発売当初予約殺到で発売延期、予約中止、売り切れを繰り返した人気機種です。

EeePCより高めの59800円44,730円(価格改定!)+3150円(送料)ですが、メインパソコンにもなりうる高性能PCで人気爆発しました。それまでモバイルノートPCはセカンドパソコンとして、持ち運びに便利なパソコンに過ぎなかったのですが、メインパソコンになる実力で6万円は驚異的な価格です。
HPDirectPlus

また、ASUSのような台湾メーカではなく、世界的大企業のHPが販売したというのも衝撃です。

これに続けとAcer(エイサー)が54800円(送料込み)のモバイルPCを発売しました。(現在、市場価格は5万円前後です。)日本ではAcerは馴染みが薄い人も多いかもしれませんが、中堅どころのそこそこ大きい会社です。
Aspire one [AOA150] 価格比較

当然、HPより後発になりましたからスペック的にもHPには負けない設定で、価格も5,000円(送料入れると8150円)安く設定されています。

安さにこだわるならEee PCもありだと思います。4万で新品のパソコンなんて考えられないですし、インターネットして、デジカメのデータ整理や編集なりする程度ならなんの問題もありません。

帰国してからもメインPCとして使いたい方はHP、Acerがお勧めです。

追加:価格改定
HPが大幅な価格改定をしました。これでオススメは断然HPのノートパソコンです。また、直ぐに売り切れるんじゃないでしょうか。

さらにさらにDellもこの分野に参戦です。

価格下落が激しくてすっかり古い情報になってしまいました。最近は5万以下ではなく、3万以下でも買えますから驚きです。日本のメーカも続々参入しています。ネットブックPCを探しているなら、性能と価格比較ができる楽天の比較一覧が便利です。また、HPやデル、エプソンダイレクトなど、オンラインダイレクトショップで購入すれば、カスタマイズしてスペックアップできます。

あまり古いので記事を新しく更新しました。
おすすめ小型モバイルPC

海外にはipod touchも検討してみては。>>ipod touchを持っていこう

<<電子辞書より任天堂DS!?HOME現地エージェントは?>>

変圧器は必要か?

海外へ持っていく電化製品として多いのは、パソコン、デジカメ、音楽プレイヤー、iPodなどがあると思いますが、こういった電化製品のACアダプタには変圧器は内蔵されています。(一般的なドライヤーは海外では使えません。)

ACアダプタの所を見てもらえば分かりますが、100V-240Vと書いてあればこの範囲で使用可能ということです。

なので、変圧器を使ってパソコンやデジカメに充電することは、変圧器を2個繋いでいるのと同じです。

PLANEX 2ポート急速充電 Xperia, X06HT HTC Desire,iPod, iPhone 3G/3GS/4, PSP, DS, DSLite, DSi 対応USBモバイル ACアダプタ (海外対応) ホワイト PL-WUCHG01
USB充電便利グッズ。
海外対応USBアダプタ

よく海外では電化製品は壊れやすいので、変圧器は持って行った方が良いという話を聞きますが、私てきにはどうだろうと思います。

例えば、パソコンやデジカメなどは世界標準規格です。日本ブランドの電化製品でも、必ずしも日本で作っているわけではありません。台湾などで作られそれを世界に輸出しているのにわざわざ、変圧器付きのACアダプタを若干の電圧の違いでこれは日本行き、アメリカ行きなどと国別で仕様を変えるとは思えません。

コストダウンのために海外で製品を作っているわけですから、世界中で使えるようにして、1つの仕様・製品を作っているはずです。

海外で電化製品が壊れるのはたまたまであることと、電圧が一定ではないことだと思います。

110V供給の国があったとしても、インフレの整備が不安定なら110Vを安定的に供給できず、この電圧が極端に上下に振れるようなら電化製品の寿命も短くなると思います。恐らくこの電圧の安定供給は日本はトップクラスです。

数十年前ならともかく、最近のカナダやオーストラリアなど先進国で電圧が異常なほど振れるとは思えません。

但し、パソコンのACアダプタを見てもらえば分かりますが、変圧器から先のケーブルの部分が外れるタイプがあります。そのケーブルが対応していない場合があります。(先端あたりに対応電圧が記入されています。)
楽天市場・電源ケーブル(海外仕様)で1,000円未満で買えます。

また、変換プラグ(コンセントの形状)は国によって違いますので必要になります。日本はAタイプと呼ばれる形状で、オーストラリア、NZはOタイプ、カナダは日本同様Aタイプ、イギリスはBFタイプ...となります。Aタイプから各国のプラグ形状に合わせた変換プラグが必要です。

変換プラグは、変圧器と違い数百円程度で購入できます。
旅行用変圧器・変換プラグ

また、複数のプラグ形状に合わせたマルチプラグもあります。これ一つあれば、各国のプラグに対応できます。
世界対応マルチ変換プラグ

むしろ電化製品は移動の際の衝撃に十分注意してください。

追加で書くと、
ドライヤーは消費電力が大きいので、小型の変圧器では容量が足りなく使えません。ドライヤーが必要な場合は、現地調達するか、日本から国内・海外対応のドライヤーを持って行く必要があります。海外対応ドライヤーだからと言っても、特別高いものでもないようです。 海外対応ドライヤー

>>持ち物リスト一覧はこちらの記事

<<日本製タバコで臨時収入HOMEipod touchを持っていこう>>

バックパックの選び方

バックパックの選び方

個人的には好きなのを買えばいいと思ってます、本当に。でも、ちょっとだけコツを。

45リットルクラス以下なら、気に入ったのを買えばいいと思います。但し、あんまり安物、ノンブランドだと肩が痛くなります。

60~80リットルの大容量になるとチェックして欲しい項目はあります。1年間だとこのくらいの大きさが必要です。80リットルクラスになると、パッキング後は20キロ前後くらいの重量になるかもしれません。チェックして欲しいのはバックパック自体の重さです。

最初は大丈夫でも旅を続けていると荷物が増えます。お土産やカタログ(捨てれる人は問題ないかも)などの旅の思い出など。

普通のバックパックは背中の所にパット(軽量の鉄系)が入っている場合があります。これはバックパックの型崩れを防ぎ、体にフィットする形状に保ってくれます。これがあると背負ったときに楽ですし、パッキングも簡単です。

但し、バックパックは背面パットがあるタイプと軽量(ライト)モデルなどと比較すると、1キロくらい重さが違います。20キロ背負って1キロなら変わらないと思うかもしれませんが、これが長旅だとボディブローのように効いてきます。本当です。背面パットの金属の所を破って取り出そうかとさえ思います。

じゃあ軽量モデルのバックパックはというと、慣れれば大丈夫だと思いますが、パッキングする際にちょっとしたコツ必要です。また、軽量版は軽くするのを目的に作られているので耐久性に弱い場合があります。

普通に使っている分には問題ありませんが、バスや飛行機の移動などバックパックは雑に扱われます。その時にダメージを受けることがあります。生地が薄かったりするとサクッと引っかき傷や穴ができたりします。

軽量タイプにも色々ありますが、シンプルなバックパックだとサイドポケットも極力無かったりします。私はあった方が便利だと思いますが、サイドポケットが有り無しも好みの分かれる所だと思います。

小さな機能を書き出すとキリがないのでこの辺にしておきます。

荷物は極力少なくするのが旅を上手にするコツですが、パッキングする際に本など重いものは上部に入れると軽く感じます。

本など使わないものは下に下に行きがちですが、バックパックは肩と腰ベルトで支えるものなので、重いものがバックパックの下にあると自重が下がり重たく感じます。このあたりを工夫するだけでもだいぶ違います。

バックパックお勧めショップです!
YOSHIKI P2  /  ky-ton

<<スーツケース?バックパック?HOME日本製タバコで臨時収入>>

日本製タバコで臨時収入

喫煙大国日本と言われるだけあって、日本はタバコが安いです。喫煙者は現地のタバコの高さに苦労すると思います。

タバコの値段は日本の2、3倍はします。(最近は円高だから少し安くなったかな?)さらに日本人にとって現地のタバコは日本製より美味しくないと言います。

勘の良い人はもうお分かりだと思いますが、通常の値段比較でも数倍する上に、美味しい日本製タバコはプレミアが付きます。日本製タバコは需要がかなりありますので、個人売買等で高値で取引できます。

入国した最初の時だけ使える小遣い稼ぎです。タバコを吸う人も吸わない人も、タバコを持って行った方がいいと思いますよ。

国によって持ち込めるタバコの本数が決まってますので、事前にチェックしてください。
参考:オーストラリア 紙巻タバコ250本、または刻みタバコ250グラム
    NZ 紙巻タバコ200本、または葉巻50本、または刻みタバコ250g
    カナダ 紙巻タバコ200本、または葉巻50本、またはタバコ製品200g

»電子タバコ

<<バックパックの選び方HOME変圧器は必要か?>>

  •  | Page Navi | 
格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係