1.   Top » 
  2. お金の持って行き方 » 
  3. VISAデビットカード

VISAデビットカード

すでに退職してしまった人など、諸事情によりクレジットカードが作れない人もいると思います。

キャッシングは国際キャッシュカードでできますが、ショッピングをキャッシュレスでするためにはやはりクレジットカードなどが必要です。

そんな人はVISAデビットカードがお勧めです。デビットカードなのでクレジットとは違い、口座残高の範囲内で使用できます。VISAデビットカードなら、銀行口座を作る感覚でカードを作ることができます。

引き落とし口座もオンラインバンクなので通帳残高の管理が簡単です。(海外長期滞在者は、オンラインバンクで資金の管理をしておかないと、滞在が進むに連れて残高が分かりにくくなります。) ショッピングもVISA加盟店で使えますし、海外ATMでキャッシングも可能です。各種得点もありますので、現金で買うよりお得です。

日本のVISAデビットカードとしては、スルガ銀行と楽天銀行があります。楽天銀行は、イーバンクから社名変更などの同時期に手数料の値上げ、維持費有料化などになりましたので、スルガ銀行がおすすめです。

スルガ銀行の中には様々なネット支店が存在し、その中でも近畿ツーリストが発行する Knt!トラベルキャッシュ の説明が分かりやすかと思います。発行手数料・年会費ともに無料で、海外キャッシング可能です。

主な特典
 キャッシュバック特典。キャッシュバック率は年間ご利用金額×0.2%
 ※キャッシュバック率は2008年2月現在
 VISAデビット利用でのショッピングで破損・盗難保険付き(無料)
 盗難保険付き(61日前さかのぼり)。
 海外旅行先からのトラブルも日本語で対応してくれるグローバルアシスタントサービス付き。

例えクレジットカード作れないと言う人でも、現金だけではしんどいと思います。国際キャッシュカードかVISAデビットカードは準備した方がいいと思います。

最近では銀行以外が運営している海外専用のプリペイドカードも登場しています。手数料の違いはありますが、仕組みはどれも同じようなものです。クレジットカードと違い、審査などが不要なのが特徴です。
»海外トラベルプリペイドカード

<<20代で作れるゴールドカードHOME海外専用トラベルプリペイドカード>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係