1. Top » 
  2. 滞在費用関係 » 
  3. 滞在費用はいくら必要?

滞在費用はいくら必要?

出発前の費用として、大きいものは飛行機代、海外旅行保険です。もし、日本からエージェントを通すならサポート代、語学学校入学金、授業料、ホームステイ代など、これは馬鹿にならないと思います。

残りは、海外に行くために必要な持ち物を購入する費用です>>持ち物リスト

語学留学の人は費用は計算しやすいと思います。学校の授業料に毎月の生活費を考えれば滞在中に必要な金額が決まると思います。生活費としては、家賃、光熱費、食費、おこづかい、交通費、旅行代(せっかくだから観光しましょう)などです。

問題はワーキングホリデーの人だと思います。学校に行く行かない、いつから働く、色んな所に旅行に行きたいなどで、必要な費用はかなりの個人差があります。

目安は100万円~です。
100万円あっても節約しないといけないでしょうし、1年間滞在するのならアルバイトは必要です。使う使わないは別にして、貯金があればあるほどいいと思います。

海外の方が多少物価が安いとか、家賃はシェアするとか言ってもみても、冷静に考えれば年間100万円では生活できるかどうかです。自分の予算を12分割して月額いくら使えるか考えて、その国の物価と比較してみれば分かると思います。

30万~50万円でも可能だと思います。但し、着いたらすぐ仕事を探して働く必要があります。運良く仕事が見つかれば良いですが、見つからない場合もありますし、旅行するお金まで稼ぐのは難しいかもしれません。

日本で貯金して出発した方が絶対簡単です。

費用に関して少し厳しい意見を書くと、日本で貯金できないのに、なぜ海外で貯金ができる、稼げると思うのですか?費用が少ないということは、現地で自由時間、滞在期間が少なくなると同義語です。

たまにお金がなくなって口座残高がほとんどない所まで言ったが、仕事が見つかったなど武勇伝のように語る人がいますが、何にもすごくないです。計画的に行動しないと痛い目見るのは自分です。最終的に親に泣きつける人はそれでもいいかもしれませんが、海外に来てまでそれでは情けないと思います。

英語力と費用は日本で準備した方がゆとりを持って行動できると思います。

どうしても貯められないあなたのための今年こそ100万円ためる貯金生活

<<オンラインアルバムHOME日本で貯金して出発しよう>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係