1. Top » 
  2. 格安航空券情報・ツアー » 
  3. 海外格安航空券比較

海外格安航空券比較

出発前の費用として大部分を占めるのは海外旅行保険海外航空券だと思います。できるだけ費用を抑えたいものです。

普通は1年オープンチケットか、片道航空券の購入になると思います。

片道航空券の人
・帰国の際に他の国を経由して帰りたい
・セカンドビザや観光ビザなどで滞在を延長する予定
・滞在中旅行をするので入国した時と帰国する時の空港が違う可能性がある
(海外の国内線は、比較的安い場合がありますのであまり気にする必要ないかも)
※片道航空券で入国できるかどうかは、その国のビザを確認してください。

OPEN航空券の人
・1年以内に帰国予定の人
※オープンチケット:帰国日の変更が自由にできるチケットです。

往復航空券の場合は問題ないと思いますが、片道航空券の場合は、充分な予算があるかどうかなど質問されるかもしれません。こればかりは入国審査官の担当者次第なので、何も言われない場合もあります。

オンラインで海外格安航空券が買える比較サイトを紹介したいと思います。正規チケットでも早割などで安く購入できますので、検討はお早めに。

【Skypicker】
広大な格安航空券、航空会社のデータベースと、インタラクティブマップを利用して、格安航空券を検索できます。独自アルゴリズムを使って、市場で最安値を検索する仕組みです。

エイチ・アイ・エス
説明不要の格安旅行代理店です。取り扱いエアライン数世界No.1だそうです。首都圏版、近畿版、中部版などで、サイトトップページが変わりますので、左上のサイト切替でご利用地域を選択して下さい。

arukikata.com
ガイドブックでおなじみの地球の歩き方が運営する格安航空券です。周遊チケットも検索しやすくなっています。

DeNAトラベル(旧スカイゲート)
大手海外旅行予約サイトです。先日、DeNAに子会社化されました。格安航空券の取り扱いよりもパッケジツアーの方が強いかな。

格安航空券のena(イーナ)
LCC航空一括検索、周遊チケット、オープンジョー特集などもあります。ワーホリにはあまり関係ありませんが、最短、当日出発の2時間前まで購入可能です。

楽天トラベル 海外航空券予約
楽天の海外予約サイトです。楽天ポイントが貯まりますが、ちょっと海外部門は、取扱量が弱いような気がします。

渡航経験が少ない方は、直行便での航空券購入が良いと思います。韓国や台湾、香港など隣国を経由すると安く行くことが出来ますが、その場合は、乗り継ぎ時間(乗り継ぎ時間が長いほど安い傾向)などはしっかり確認した方が良いと思います。

最近は、各サイトともリアルタイム検索で、諸費用(燃油サーチャージなど)込み料金に対応してきました。以前は、別表示でしたので、問い合わせしないと合計料金は不明でしたが、今は使いさすくなっています。

また、LCCと言われる格安航空会社を利用される方は、荷物の重量制限が厳しくなっていますので、予約の際はご注意下さい。特にワーホリは、荷物が多くなると思いますので、空港で高い追加料金払わされた挙句、食事も有料、座席も狭いLCCの旅にならないように。

<<入国の際の注意HOME下見ツアー>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係