1. Top » 
  2. ビザ・パスポート情報関係 » 
  3. 入国の際の注意

入国の際の注意

入国の際は、基本的には簡単な質問に答えることができれば問題ないと思います。担当者によっては素通りに近い場合もあります。

片道航空券の場合は、必要な資金を所持しているかどうか、残高証明書などの提示を求められるとありますが、これも入国審査官の担当者によって対応が変わります。

注意して欲しいのが持ち込み物です。タバコやお酒類は規則があるので守られると思いますが、 食品、植物、動物製品、薬なども規制があります。

オーストラリアやニュージーランドは厳しいようです。特に、ちょっとした食品くらいと思って無申告で見つかると痛い罰金が待ってます。環境生態に気をつけている両国ですから、動植物からできている製品に対しても持ち込みルールがあります。

申告すべきか迷ったら、申告した方がいいかもしれません。とりあえず申告しておけば問題はありません。できるだけ不要な物は持っていかないのがベストだと思います。

アメリカ経由で安くカナダに行く人は要注意です。悪評高きアメリカの入管ですから、何を指摘されるか分かりません。少なくともスーツケースには鍵をかけてはいけません。壊されて中身をチェックされます。

アメリカ旅行でカギをかける場合は、TSAロック対応のスーツケースです。
TSAロックスーツケース

2009年1月12日から、米国入国に電子渡航認証システム(ESTA)がスタートしました。忘れずに申請しましょう。>>電子渡航認証システム(ESTA)

<<パスポート申請・取得・更新HOME海外格安航空券>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係