1.   Top » 
  2. お金の持って行き方 » 
  3. 海外へお勧めのお金の持って行き方

海外へお勧めのお金の持って行き方

私のお勧めのお金の持って行き方は小額の現金(日本円)、T/C、クレジットカードです。クレジットカードはできれば2枚準備できればベターです。2枚準備できない人は、国際キャッシュカード海外トラベルプリペイドカードなど簡単に作れるものを用意するといいと思います。

トラベラーズチェックのVISAとマスターカードは販売終了。アメリカン・エキスプレスも2014年3月31日で日本での発売を終了する。

引用:Wikipedia contributors. "トラベラーズチェック." Wikipedia. Wikipedia, 25 Oct. 2013. Web. 6 Nov. 2013.

カード類でのお金の管理がより重要になってきます。

海外キャッシングが慣れている人は現金は必要ないかもしれませんが、慣れてない人は現地の空港で両替する分を持って行った方がいいと思います。(慣れてる人は空港のATMでキャッシング)

トラベラーズチェック(T/C)は、保険的な意味合いもありますし、最初に学校に行くのなら、そういった大きい金額をまとめて払う分に使用すれば良いと思います。

普段の生活で、現金が必要なときは、クレジットカードの海外キャッシングで十分だと思います。ワーホリならその内、現地で銀行口座開設して働き出すと思いますので、必要もなくなるのではないでしょうか。細かい比較はこちらの記事で説明してます
  »お金の持ち歩き方比較
  »海外クレジットキャッシングメリット

※カードでお金の管理をする場合は、カードの利用限度額に十分注意して下さい。その点でも、カードは2枚以上の準備をお勧めします。

余談ですが、
クレジットカードや国際キャッシュカードを使うメリットは両替レートが優れている面と為替変動に影響されにくいと言うことがあると思います。

1年間滞在すると、為替交換レートは1割くらいは普通に変動します。為替変動で100万円の価値が90万円の価値にになることもあれば、110万円の価値になることもあるわけです。
»実際の為替変動でシミュレーションした記事はこちらです。

良くレートが良いときにまとめて両替などと言いますが、為替相場なんてプロの投資家でも読めるものではありません。相場が読める人は外国為替証拠金取引FXでも始めてみて下さい(笑)

為替変動のリスクを減らすためには、両替のタイミングを分散させることです。外貨預金などでもそうです。まとめて両替などと言うのは、一種の賭けです。

例えば、毎月決まった金額をキャッシングで引き出せば、おのずと1年間の平均的な為替レートで両替できます。あまりレートを気にしすぎると両替できなくなります。可もなく、不可もなくかもしれませんが、この方法が一番リスクが少ない方法です。

最初に作るなら、このクレジットカード!

<<米ドル・ユーロのお得な現金両替HOME為替変動リスク-お金の準備>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係