1. Top » 
  2. ワーホリNews » 
  3. イギリスワーホリ滞在2年へ

イギリスワーホリ滞在2年へ

イギリスのワーホリ滞在期間が2年へ延長されるようですね。オーストラリアも条件を満たせば2年目の延長ができますが、イギリスは最初から2年のようです。

イギリスが条件を緩和してきたのは意外でした。オーストラリアは2年目の延長条件として、一定期間の農作業などへの従事がありますが、単純肉体労働の人口が不足しているので国策としてワーホリを利用している感があります。

オーストラリアは人口密度も低く、労働力が足りないですし、観光ビジネスも盛んですから、ワーホリが単純労働で稼いで、お金を使ってくれればワーホリは利用価値が高いんですよね。

日本も将来的には移民1000万人を受け入れないと労働人口が足りないと言われてます。 中国や台湾、アフリカの国とも将来的にワーホリ制度の提携をするようですし、 そんな背景があるのかもしれません。

ワーホリは、国際的視野をもった青少年を育成し、両国間の相互理解、友好関係を促進することを目的としています。とキレイ事を言われてますが、政治的思惑も充分絡んでいると思います。

こういった理由から、不法滞在、不法労働者の多いアメリカとは今後将来にわたってもワーホリ協定の提携はないと個人的には思ってます。

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係