1. Top » 
  2. お金の持って行き方 » 
  3. お金の持ち歩き方

お金の持ち歩き方

お金の持って行き方は悩む所です。安全性も大事ですし、両替の方法でかなり損をすることもあります。長期滞在で100万、200万使うとなると、両替の方法次第で数万~以上の差がでます。

代表的なお金の持って行き方のメリット、デメリットを紹介したいと思います。

・トラベラーズチェック(T/C)
安全を好む旅行者には人気ですが、長期滞在者には難点もあると思います。メリットとしては、現金より良いレートでトラベラーズチェックを購入出来ます。万が一盗難などでも再発行してもらえるので、安全性は高いです。

しかし、長期滞在でトラベラーズチェックを持参するとかなりの額になると思います。それを現地で銀行口座を開設したさいに入金すると、別途手数料がかかる場合があります。

両替所などで手数料無料で現金化に出来る場合がありますが、現金化して、それから銀行に行って入金になりますので、トラベラーズチェックとしての機能が薄れます。大金の現金を窓口で口座に入金する際は不審がられますので注意が必要です。両替所の領収書などは持参した方が良いと思います。

また、毎回毎回サインと身分証明書が必要と言うのが使ってみるととても面倒くさいです。持って行くのなら、ほどほどのトラベラーズチェックで持っていく事をお勧めします。

VISAとマスターカードは販売終了。アメリカン・エキスプレスも2014年3月31日で日本での発売を終了する。

引用:Wikipedia contributors. "トラベラーズチェック." Wikipedia. Wikipedia, 25 Oct. 2013. Web. 6 Nov. 2013.

・海外送金
現地で現地銀行口座を開設してから、日本からの送金になります。※日本から現地口座を開設できるサービスがありますが必要ありません。現地について簡単に開設できます。(都市によっては日本語サービスもあります)

一応説明はしておきますが、国際キャッシュカードやクレジットカードでのキャッシング等が、これだけ当たり前になってきた今では、メリットがあるとは思えません。

日本からの送金は数千円の手数料がかかります。現金を持ち歩かず、ATMを利用するという意味では安全かもしれませんが、後述する国際キャッシュカードやクレジットカードのメリットには劣ります。家族にも送金をお願いしなくてはならず特にメリットはないと思います。

・国際キャッシュカード
日本で国際キャッシュカードを作成すれば、現地のほとんどのATMで現地通過を引き出すことが出来ます。お金は日本の口座から銀行の換算レート、手数料などと一緒に自動で引き落としされます。

必要な分だけ現金を持ち運ぶ事ができるので安全ですが、引き出すたびに手数料が取られたり、銀行系のキャッシュカードはクレジットカードの交換レートよりも若干悪くなります。
»国際(インターナショナル)キャッシュカード比較

ネットバンクなら、残高照会がインターネットで確認できるので、長期滞在者にはとても便利なサービスです。長く滞在すると、残高がいくらかというのはとても気になります。

少々レートが悪くても、クレジットでキャッシングは嫌だと言う人にはお勧めです。(レートが悪いと言っても銀行両替より良いと思います。)

・クレジットカードキャッシング
利用方法としては国際キャッシュカードとほぼ同じです。但し、クレジットカードは手数料なしや両替レートが優れている反面、クレジットカードで現金を引き出しますので、キャッシング利用となります。この際、1~2ヶ月程の利息がつきます。

トータル的に一番便利で安く両替ができるのがクレジットカードです。色々と説明したいので、次ページで詳しく説明したいと思います。

海外に行く際はクレジットカードは必須だと思いますので、海外キャッシングを上手に使いこなせば現金の準備には困らなくなります。
»クレジットカードでキャッシング

・現地で現金を両替
日本で両替するよりはいいですが、あまりお勧めは出来ません。流通量の多い米ドルや金融国家のシンガポールなど、限られた所では両替レートはいいようです。オーストラリアなどでは現金での現地両替レートは悪いです。安全面でも問題がありますのでメリットは少ないと思います。小額をお勧めします。

※稀に優待レートで両替と言うサービスがありますが、銀行と比較してレートが良いのなら、あまりお得とは思いません。しっかり比較して検討してください。

・日本にて現地通貨へ両替
一般的に交換レートはあまり良くな方法です。しかし、慣れない場合は多少は現地通貨は準備して出発した方が良いと思います。
»米ドル・ユーロ、英ポンドの現金両替

短期などの海外旅行に慣れてくると、現地通貨などは持たずに出発しても問題ありません。(一部、発展途上国は米ドルが必要になります。)海外旅行にはクレジットカードは必要なものです。空港について現地通貨をATMで引き出すのが一番楽でお得です。また、クレジットカードには海外旅行保険もついてるカードもありますしね。

その他の方法として、
»VISAデビットカード
»海外トラベルプリペイドカード

<<節約と太らないための自炊HOME国際キャッシュカード>>

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係