1.   Top » 
  2. ワーホリNews » 
  3. クレジットカードの作成はお早めに

クレジットカードの作成はお早めに

海外旅行の必須アイテムの一つクレジットカードですが、ワーホリに合わせて新規に作成する人も多いと思います。

クレジットカードを選ぶ基準は様々ですが、退職前に作るのではなく、早い段階での作成がおすすめです。また、トラブルや紛失、盗難などの万が一のために、2枚以上準備されることをお勧めします。

最近はクレジットカードの発行基準が厳しくなっているようですが、発行された後に各個人でそれぞれクレジットカードの利用限度額が違います。

既にクレジットカード利用歴が長い人や勤続年数、年収がそれなりにある人は、おそらくそれなりの利用限度額が用意されていますので問題ないと思います。

そうでない人は、利用限度額が最初は低く設定されています。これは長くクレジットカードを持ち、適度に使用していれば利用限度額は上がっていくのですが、利用歴の浅い人は、信用が低いとみなされますので限度額も低くなります。

ワーホリの場合、出発時期や帰国時期の旅行、滞在中の旅行など、出費が集中する時期がありますので、限度額が低いと何かと不便です。

実際、長期旅行で限度額のトラブルで困って大使館に泣きついている人も会ったことがありますが、ワーホリ、バックパッカーに限らず、お金の貸し借りはご法度ですので、どうしようもありません。

クレジットカード中心にお金の管理をする人は、ショッピング、キャッシング枠の限度額に注意が必要です。

クレジットカードのおすすめは、『海外でお勧めのクレジットカード』の記事でも書いていますが、三井住友VISAカードです。カード選びに迷ったら、このカードを作っていれば問題ないと思います。

裏面に写真付きクレジットカードの選択やカードご利用枠一時引き上げサービスなどもあります。初心者の方にも安心のブランドだと思います。
※写真付きカードは、クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードなどに限られます。

ポイント還元で選ぶなら楽天カードがおすすめです、昔はライフやオリコカードも良かったのですが、今は楽天カードのほうがポイントが貯まりやすいようです。

通常利用で100円に付き1ポイント、楽天市場で2倍、キャンペーン期間の買い物で3倍などイベントも多く貯めやすくなっています。

入会特典ポイントなどもありますので、ワーホリの準備はポイントを使って楽天市場で揃えてもいいのではないでしょうか。

漠然とワーホリに行こうと思っている人は、英語の勉強、貯金、クレジットカードの作成あたりを早めに準備してみては。

限度額の低い人は、海外トラベルプリペイドカード国際キャッシュカードとの併用やクレジットカードを2種類持つなどで対応できます。

但し、クレジットカードの申し込みは、同時期に何枚も新規作成・申請すると、それが理由で審査落ちする場合があるようなので、ご注意を。(計画的に作成してください。)

 ワーキングホリデーのためのお勧めクレジットカード

格安航空券・ツアー
連絡ツールを作ろう
滞在費用関係
お金の持って行き方
海外旅行保険
現地宿泊情報
出発前の手続き
英語の勉強/語学学校
持ち物関係